「みんな元気になるトイレ」全国一番乗り。 ー富士市 防災危機管理課ー

富士は日本一の山。ナンバー1。1等賞。一番乗り。

やっぱり「一番」は凄い。

ハート防災Jです。富士市に来ると、富士山の存在感が違います。でも今日は田子の浦港からの表富士を撮影に来たわけではなく、富士市が全国で一番乗りした「みんな元気になるトイレ」を取材しにやって来ました。

お話をお聞きしたのは、富士市防災危機管理課の太田さん。防災の仕事に就いて11年、内閣府にも1年間赴任した防災のプロフェッショナルです。

「みんな元気になるトイレ」は、公益社団法人助け合いジャパンが行っている災害派遣トイレプロジェクト。災害時の避難者がトイレで困らないように、全国1,741市区町村が一台づつトイレトレーラーを配備し、被災地に全国から集結して助け合おうという取り組みです。詳しくはこちらをご覧ください。http://corp.tasukeaijapan.jp/toilet/

助け合いジャパン代表の石川純也氏は、9.11テロと「世界がもし100人の村だったら」の仕事をきっかけに、今までの広告プロデュースの仕事からソーシャルグッドプロデューサー(世界のさまざまな社会課題を解決するために、クリエイティブの可能性を追求する)へと転身した方。太田さんが絶賛する「防災かあさん」の著者でもあります。

太田さんと石川さんは、内閣府で仕事をしていた時に交流が深まり、プロジェクトの立ち上げ段階から相談を受け、今回の話に至ったそうです。日本一の富士山の麓で、トイレットペーパー生産日本一の富士市がやらずにどこがやる、ということで市長に掛け合い、全国で一番乗り。初めてのことで苦労も多かったそうですが、何よりも道を開くことで他の自治体が続きやすくなったのが嬉しいとのことでした。熱い防災マンです。行動によってのみ状況は変わる。やっぱり一番乗りは凄い。

愛知県刈谷市に続き3台目も動きだすそうで、今後もっと増えていくといいですね。

実物を見せていただけるということで、市役所から太田さんの運転(太田さんのではなく、市のクルマです)で、富士市防災ヘリポートにやって来ました。

オスプレイも着陸可能では?こんな大きなヘリポート、初めて見ました。倉庫の屋上から撮影。

ヘリポートの向かいが倉庫になっていて、トイレトレーラーはこの中にあるようです。

倉庫内は、水や発電機、毛布その他、防災用の備品がぎっしり。メンテナンスも、防災危機管理課の大事なお仕事です。

ありました、トイレトレーラー。思ったより大きいです。「いただきへの、はじまり 富士市」は富士市のブランドメッセージ。込めた想いはこちらを http://fujicitybw.jp/about.html

全国1,741市区町村全配置の頂上へ、ここからスタート。初めの一歩を富士市が踏み出しました。

トレーラーの後ろには、支援した方のお名前。「みんな元気になるトイレ」の資金は、主にクラウドファンディングで集めたものです。目標資金は1000万円。ふるさと納税を活用し、オールインと言って目標に達成しなくても成立するスタイル。目標に行くかどうかも見えない中で試行錯誤しながら、2か月締切ギリギリ最後の最後での目標達成だったそうです。その後も、市に直接寄付される方もいて寄付金総額は1248万円。実際に掛かった費用は、購入費や必要経費含め約1500万円、一自治体の予算では導入が難しい金額。でも太田さん曰く

「トイレトレーラ1台に1500万円は掛けられないし、1台でどうにかなるものでもありません。でも3台集まれば1台500万円です。富士市で必要になった時に、全国から100台集まれば1台15万円。」

それは無理だよ、ではなく、知恵を絞って助け合えばできることがある。教育上の指針にもいいですよね。

実際に見せてもらいました。

夜でも階段が見やすいように灯りがついてます。

とにかく、広くてきれい。まだ使用していないということもありますが、狭くて臭くて汚いという仮説トイレのイメージでは全くありません。

これは海外によくあるウォシュレットではなく、清掃用のシャワーです。水圧もけっこうありました。清潔であることがうれしいです。

鏡や手洗いスペースも。ちょっとした化粧直しもできます。

広さを伝えるために、太田さんに協力いただきました。大人4人くらいまで入れる充分なスペースで、お子様連れももちろん大丈夫。仮説トイレというよりも、ちょっとした化粧室です。

トレーラーの中には同じ仕様のトイレが4台ついています。

屋上にはソーラーパネル。太陽光充電機能や外部電力との接続で、数か月におよぶ避難生活でも長く使うことができます。

出動するときは、クルマで牽引。これからは、イベントなどで活躍しながら、有事の際に備えます。

「今までの被災地の交通事情などを考えると、実際に各自治体からトレーラーが集まるには1週間近くかかります。トレーラーは災害時トイレ対策のほんの一部。大事なことは、普段から行うトイレ対策の啓発です。」とは太田さん。

災害派遣トイレネットワークプロジェクト「みんな元気になるトイレ」の詳細は、富士市のホームページにて。動画もあります。

http://www.city.fuji.shizuoka.jp/safety/c0101/rn2ola0000015oo1.html

ハードも大事だけど、やっぱり一番重要なのはソフトです。いざという時に、行動に移すことができるかどうか。それが生死を分ける。そこに必要なのは知識であり、心構えであり、助け合いの仕組み。取材を重ねれば重ねるほどに痛感します。

ということで、富士市で行う防災セミナーの紹介です。

参加は無料で、災害図上訓練DIGのセミナーもあります。

防災は、普段の生活からはまだまだ遠い存在。でも自然災害は必ず起こります。その時に、正しい知識を持っているかいないか、最低限の備えができているかどうか。それを自分事として捉えられるかどうか。防災先進県の静岡が、いつ来るかもしれぬ南海トラフ地震に向けて取り組むべき重要な課題だと思います。

そこに防災アートがどう機能するのか。「みんな元気になるトイレ」と同じように、当プロジェクト「ハート防災」が一歩を踏み出したことには大きな意義があると思います。まだまだ答えは見えませんが、目指すプロセスが大事ですよね。

防災マン太田さんの熱いハートに影響されました。

3.11を忘れない。ー静岡市清水区【防災フェスタinしみず2018】ー

「東北の震災復興と郷土静岡の防災意識の啓発」のために

【防災フェスタinしみず2018】

皆さんご存知でしたか?清水で毎年行われているこのイベント。

ハート防災Jです。2018年3月11日。東日本大震災から7年が経ちます。静岡もかなり揺れましたが、その後TVに流れてきた津波の映像は想像をはるかに超えるものでした。映像で見るものと、体感したもの、実際に目にしたものでは決定的に何かが違う、最近そう思います。経験しないものは風化が速い、自分事ではないからでしょうか。

【防災フェスタinしみず2018】は、震災をきっかけにSNS等を通じて集まった有志が、ボランティアで開催しているイベントです。運営費の一部と会場内での復興募金を寄付し、震災を忘れることなく地域防災の啓蒙を続けるために。今回が第7回目。継続するのは決して楽ではないと思います。
ちなみに、第1回は「しみず防災フェスタ」だったのを、2回目以降、広がりを想定して「防災フェスタinしみず」と改称したそうです。「in」のあとを変えて実施してゆくこともできるんですね、なるほど。

詳しくはHPへ http://www.bousai-festa.net/index.html

3月11日、イベント会場のJR清水駅みなと口広場に行ってきました。

災害救助犬のパフォーマンスに間に合いました。3つの箱から人を見つけて「ワン!ワン!ワン!」100発100中。NPO法人「災害救助犬静岡」という団体があり、2016年の熊本地震でも活躍したそうです。詳しくはこちら http://www4.tokai.or.jp/kyujokensizuoka/

消防隊のマスコットと子ども達の記念撮影。常に訓練を欠かさない消防士の方々のたくましい肉体に笑顔が乗ると無敵です。カッコいい。

震災では、最後まで避難誘導しながら命を落とされた消防隊員が多くいました。鎮魂の思いを込めて半鐘を鳴らしてきました。

会場内には多くのブースがあり、静岡で防災に関わる地域活動をされている団体等が出店しています。

番町市民活動センターからは、毎年1月に行われている防災イベント「番町防災の日」の紹介。

県内各地で各世代の交流の場をつくり、地域に助け合いの関係を築く活動をしている「静岡2.0」は、”被災する前に、できることをしていきたい”と、静岡の学生と社会人で始めた団体です。

会場から見える富士山も応援しています。

会場となりのマリナート(静岡市清水文化会館)では、なんとモモクロのコンサート。ファンが流れてきて、売上に貢献しています。関係者の気持ちが、モモクロに届いたのかもしれません。

時計が14時46分に近づいてきました。皆で輪になって黙とうする「1000人ハンドレクイエム」の時間です。

3月11日14時46分。この日この時間。日本各地で多くみられる光景でしょうが、震災から7年間静岡に住んできて、皆が手をつなぎ一斉に祈る場面に遭遇したのは初めてです。未被災地静岡という言葉を、ハート防災に関わり耳にする機会が増えました。当事者ではないから、当然当事者意識はない。それでも祈る人は祈る。3.11を忘れないことが、防災意識を高めることに繋がると信じたいです。

他にも様々なブースが出展していました。

防波堤の模型実験。波を見ると思わず反応してしまいます。波の形は、その時の自然環境によって大きく異なりますが、防潮堤の有無が被害の大小を左右することがよく分かりました。

国土交通省の方とお話しすることができました。被災地では、自衛隊や消防隊が目立ちますが、支援物資の輸送や照明車の出動など、国土交通省も色々な活動をしているのですね。

民間企業も参加しています。電気が消えて真っ暗な中でも誘導可能な「光る木の手すり」は、ホテルやビルなどに導入されているそうです。

いつでもどこでも生活可能なトレーラーハウス。日本ではまだ少数派ですが、海外ではよく目にします。これで日本一周したいですね。

昼の部は、催し物あり、色んな取り組みを知ることができるブースあり、体験コーナーありと、大人も子どもも楽しめる感じでした。15時30分には終了し、18時からは夜の部が始まります。好物の広島焼きを買って(収益金に少し貢献)家に帰り、一休みしてから再び清水駅へ。

19時過ぎに会場に着くと、既にキャンドルナイトが完成していました。

真ん中の図柄はリボン。結ぶ、つなぐ、清水と被災地も気持ちで繋がっていますよという意味でしょうか。アメリカでは、胸にリボンをつけている人=何かをサポートしている人というのが当たり前の様です。清水から被災地をサポートし続けますよ、というメッセージかもしれません。

3.11を忘れないという思いを込めて。

キャンドルの外側には、参加者のメッセージが書かれています。一人一人の被災者への気持ちが重なり、心のこもったひとつのアートの様でした。

HEART防災。心の中にアートの文字。気持ちを表現すること、それ自体がアートの始まりであり、防災への一歩かもしれません。

来年、再来年、この先もずっと【防災フェスタinしみず2018】が続くことを祈ります。3.11を忘れないように。

【レポート】キックオフ座談会第2弾「“未”被災地のための防災アートは可能か?」

ハート防災Jです。3月3日(土)17時~、ハート防災キックオフイベント座談会の第2弾に行ってきました。2月25日に焼津で開催された座談会に続き2回目の開催です。

会場は三島市民文化会館。テーマは第1弾同様「“未”被災地のための防災アートは可能か?」です。

コーディネーターも前回と同じく平野さん。テーマは同じでも、パネリストの顔ぶれ、専門性は随分違います。どんな話になるのか楽しみですね。

パネリスト:
小山真人氏(静岡大学教育学部教授/防災総合センター副センター長)
鈴木雄介氏(伊豆半島ジオパーク推進協議会専任研究員)
住 康平氏(Cliff Edge Project代表/美術家)
松本圭司氏(郷土雑学)
コーディネーター:
平野雅彦氏(静岡大学教育学部特任教授/人文社会科学部客員教授)

☆座談会パネリストプロフィールはこちら

まずはパネリストの自己紹介から。

まちめぐり案内人のおひとり、小山真人教授。「防災・減災のための知識、技術、社会の徹底とそれを伝承すること」が防災文化であり、ジオパークもそのひとつ。地球と地域のことを、知って守って役立てるのがジオパークの基本構想。

文化や芸術も、大地=ジオと繋がっていることを図解で説明してくれました。

同じく案内人をつとめた鈴木さんは、自然災害を、災害リスク=自然現象×脆弱性(社会の弱さ)というわかりやすい図式で紹介。

登呂遺跡周辺の自然堤防と昔の人々の居住場所との関係や、三宅島の噴火を鎮める下田市白浜神社の祭りの事例に触れながら、「美しい自然は災害の語り部」であり、自然を楽しむことが自然災害を理解することにつながること、自然現象は必ず起こるという確信を持てるかどうかの重要性について話してくれました。

2013年に三島に移住した住さんは、断層、盆地、トンネルの3つが集合する「丹那」という土地に興味を持ち、2014年からCLIFF EDGE PROJECTをスタート。美術家の視点で素材や情報を集めた「丹那の記憶」なる展覧会を開催しました。

2015年には「半島の傷跡」展を開催。丹那断層をはさんで、丹那盆地の北西にあるギャラリーKURUBUHI-BASEと南東にある寺院渓月山長光寺を鞘堂に見立て、その中にモニュメントを設置しました。丹那という土地の特徴や歴史をアートで表現することが、そこから何かを感じ想像することにつながると。

まちめぐりの同行中も、その雑学ぶりを発揮していた松本さん。お話からは、狩野川台風を経験した松本さんだからこその、復興で痕跡が残らないこと、風化していく事への危機感が伝わってきました。お題に対して「キックオフで蹴られたボールを楽しもう」と言いながら、「文明が進化しすぎたことによる人間独自の文明的な災害」についての課題感もお持ちでした。

平野さんから「ジオパーク」での防災アート(?)の活動についての投げかけがありました。

ジオ菓子や、断層をテーマにした生け花展など、自発的に自分の専門分野でその土地を表現している人がいる。ジオパークは人づくりの場でもあると、小山さん。

防災のため、観光のため、ではなく、大地の自然現象が作った上に自分たちの生活があるというのがジオパークの考え。断層も火山も、怖い側面だけでなく恵みの面も理解されるようになって、こういう動きがでてきているのだろう、と鈴木さん。

防災と観光は本来は相反する。防災と言わずに、知らず知らずのうちに災害に強い地域社会を作るのがジオパークの理想とのことでした。

平野さんから、今回のパネリストでは唯一アートが専門の住さんにボールが投げられました。

防災ありきのアートについてはジレンマを感じる部分もあるという住さん。但し、記憶を呼び覚ますという意味で、作品が結果的に防災に機能することもあるだろうという見解も。

ジオについても住さんの活動についても、防災を振りかざすことなく、結果として防災につながるアートだったり文化が生まれる可能性が見えてきたことは、第1回とまた違った部分かなと感じました。

平野さんから、第1回の参加者の声を踏まえて、会場の声をもっと聴いていこうと投げかけると、一挙に4~5名の手が上がりました。仕込みでもなくこれだけ手が上がるのを見たことがなかったので、正直驚きです。

実際の被災者が作品にされることの抵抗感についての質問には、

確かに記憶を呼び覚ます、風化させない事と、当事者を傷つける事は、まさにもろ刃の剣。それでも、人と話しながら見えてくるものがあったり、やることの意味を考えたりしながら、アートで出来る可能性を模索していくのはありかもしれない。正解はないですね。

その他にも、防災とアートの関係の投げかけや、ジオパークを参加者が続けている「ひょっこりひょうたん島」で表現する提案、ジオパークやアートを防災行動に繋げるために防災を目的とした解説が必要では?というお題、自然そのものがアートという話など、多くの質問、意見が飛び交いました。

ここでは、書ききれないので興味のある方は、動画がアップされたら是非ご覧ください。

最後に私が印象に残った言葉だけ少しご紹介します。

「アートは防災無関心層への大きなアプローチのチャネル」

「自然から受け取ったことをニュートラルな形で作品にできることの魅力」

「ジオやアートが、行動変容へのきっかけになれればいい」

「みんなが表現者になればいい。内容がいい悪いではなく、どんどん皆さんが表現してください。それで見る人がどう受け止めるかは、見る人それぞれでいい。」

「アートってそれでいいんじゃないか?」

行動によってのみ状況は変わる。これは私の持論ですが、一番怖いのは無関心、無行動ですよね。

”防災アート”という難しいお題に答えは出ませんが、”防災アート”という石が座談会、ハート防災に関わる人たちの池に波紋を広げることで、何かしらの行動に変化が産まれればいいな、と感じた座談会でした。

みなさま、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

【レポート】キックオフイベント第2弾 まちめぐり◆函南~三島

地球の営みから生じる 美と畏れを感じる。

ハート防災Jです。3月3日(土)、ハート防災キックオフイベントの第2弾「まちめぐり◆函南~三島編」に参加してきました。

当日は天気に恵まれ、三島市民文化会館を13時過ぎに出発。バスの中では、「三島は富士山の溶岩がつくった街」「三嶋大社はその土砂の上に立っていて、石垣は富士山の石でつくられている」「2900年前に富士山で大きな崖崩れが御殿場を埋めた」など、面白い話が聞けました。話をしてくれた案内人のおふたりは、

静岡大学教育学部教授で、火山学、地震・火山防災などを専門とする小山さん

小山さんの教え子で、火山の調査から防災マップにも従事し、現在は伊豆半島ジオパーク推進協議会 専任研究員の鈴木さん。

お二人の詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

その後も「三島は坂のまちで、沼津よりも30m位高いところにある」「田方平野は昔は入り江で、掘ればしじみがでてくる。地盤がゆるい土地で被害が大きく、火山の恵みで野菜の産地になった」など、歴史的な視点で見ると、なにげない起伏も地球が生きている証拠だということ。うーん、面白いです。

そんな話を聞いている間に、最初の目的地「丹那断層公園」に到着しました。

丹那断層は、1kmもの断層のズレが世界で初めて実証された有名な活断層。川が食い違っていることが地図上でわかります。ジオパーク説明版の下にある、伊豆半島ができる60万年前の図を見ていると、人間はなんてちっぽけな存在なんだ、と思えてきます。

丹那断層一帯の模型を見ながら小山先生が説明してくれました。屋外施設なので、いつでもだれでも見ることができます。

1930年の北伊豆地震によって起きた断層のズレを見ることができました。

写真だけだと分かりにくいので説明版も。丸い塵捨場と水路がずれているのが見えます。場所によっては2mの横ずれが発生し、当時工事中の丹那トンネルを直撃。当時の様子は、吉村昭さんの小説「闇を裂く道」でもよく分かるそうです。小山先生おすすめの1冊。

観察室では、地下の断面図を見ることができます。ちょっと分かりづらいですが、地震の歴史をこういう形で残して公開するということ自体に価値があるということです。

酪農王国オラッチェにバスを停めて、丹那盆地の田園地帯から山側を見学。鈴木さんが、数十万年かけて上下にずれた断層地形の説明をしてくれました。普段は気にすることのない山の尾根にも歴史があります。

オラッチェにて休憩タイム。小山先生絶賛のソフトクリームには行列ができていました。美味しそうです。

伊豆半島ジオパークの案内板がありました。

伊豆半島は、かつて南洋の火山島や海底火山の集まりだったものが、フィリピン海プレートと一緒に北上し、本州に衝突してできたものです。「伊豆半島ジオパーク」は、現在も続く火山活動や地殻変動がもたらす自然の恵み、温泉や湧水、美しい景色や文化などを含め、各スポットを「南から来た火山の贈り物」をテーマに、伊豆半島をまるごとミュージアムとして紹介しています。

詳しくはホームページをhttp://izugeopark.org/

丹那盆地から北上し、次に向かった先は、田代盆地の火雷神社。北伊豆地震の際に横ずれした跡をみることができます。

上から見ると、階段と鳥居がずれているのがわかります。

崩れた鳥居も、そのままの状態で保存されていました。災害を語り継ぐために、地域の人がそのままの状態で残しています。北伊豆地震では死者・行方不明者272人という大きな被害がありました。「なぜ壊れたままなの?」と考えさせることが、事実を風化させない役割を果たすのでしょう。

函南から三島に戻り、三島駅前の浅間神社へ。

遠い昔、富士山噴火があった時に流れ出た溶岩が、ここ浅間神社で止まったことから、別名「岩止め浅間」とも言われています。神様が足で止めた跡が残っているという言い伝えも。

歩いてすぐの所に白滝公園があります。富士山から流れ出た溶岩が三島市北部の台地を作り、亀裂やすき間の多い溶岩は、地下水の通り道となって湧水を生んでいます。白滝公園は、三嶋の一大湧水地で、溶岩から溢れ出る様が滝のようだったのが名前の由来だそうです。

足下には、溶岩がところどころにあります。何万年、何十万年の歴史の中で形作られてきた土地の上に暮らしているんだなと実感します。

防災の話をしていると、地震、津波、噴火など自然災害に目が行きがちですが、自然がもたらす恩恵を忘れてはいけません。自然に対する敬意を失わずに、人間が選択肢を間違えないためには、自分が住んでいる土地を知ること、語り継ぐことが大切です。「地球の営みから生じる美と畏れ。」を学ぶツアーでした。

 

 

 

【レポート】キックオフ座談会第1弾「“未”被災地のための防災アートは可能か?」

2月25日17時~、焼津市役所アトレ庁舎3階の焼津公民館にて、ハート防災キックオフイベント座談会「“未”被災地のための防災アートは可能か?」の第1弾が行われました。

パネリストには、防災やアートに関する専門の方々が揃い、進行はコメンテーターとしてTVで見掛けることも多い平野さん。パネリストは、

窪田研二氏(インディペンデント・キュレーター/KENJI KUBOTA ART OFFICE代表)
藤井基貴氏 (静岡大学教育学部准教授/防災総合センター准教授)
松下徹氏 (SIDE COREディレクター/アーティスト)
松田香代子氏(松田民俗研究所代表)

の4名。プロフィールの詳細はこちらをご覧ください。

https://www.sbs-promotion.co.jp/heart-bosai/panelist_profile

平野さんより、あまり耳慣れない「防災アート」「未被災地」という言葉について投げかけがありました。防災×アートという表現は今までもあるが、防災アートが意味するものは何か?静岡は未被災地と言って良いのか?など。参加者が疑問に感じているであろう部分に触れた上で、

「答えが出ないからこそ、一緒に考える良い機会だし、これが何かのスタートになる。」納得です。

パネリストの簡単な自己紹介から始まりました。

座談会前に実施した「まちめぐり」のおさらいに続き、自然災害常習地帯の暮らしの工夫について語ってくれた松田さん。東北の津波から多くの命を守った神社や寺院がある集落の中の小山を高台集団移転地として平らに造成している現実や、静岡でも見かける平成の命山の話が印象的でした。記憶を記録する意味、災害遺産という考え方の必要性を感じます。

震災をきっかけにアーティストの意識が変わったという松下さん。「自分のために」から「誰かのために」作品をつくるようになったアーティストが多いそうです。最近では、福島「はじまりの美術館」への出品など被災地との関わりもあり、アートな発想やアートそのものが、新たな行動のきっかけになる可能性を示唆してくれました。

静岡大学で防災教育に関する開発研究をしている藤井さん。内容が身近で分かりやすく、笑いも交えながら会場の雰囲気を和らげていました。これから必要なのは「考える防災」であり、「防災の日常化」「防災の多様化」「防災の自分事化」が重要とのこと。紙芝居など、アプローチの内容は、神戸で見学したイベント「イザ!カエルキャラバン」に通じるものがあります。

窪田さんは元美術館の学芸員で、現在フリーのキュレーターとしてアートの可能性を色々な場面で実践、追及されている方。筑波大学と行った「創造的復興プロジェクト」では、芸術やデザインがハードだけでなく、新しい価値観を創造する復興支援につながること、学生が被災地での活動を通して学ぶことの大きさを実感されたそうです。

「防災アート」という定義のないものから平野さんが投げかけたのは、「お祭り」というひとつのワード。そこから話が膨らみます。

松下さんからは、被災地で「一晩だけ特別なことが起こるイベント」を実施したことから、被災地から東京まで風景で繋がることや、普段気づかないことに気づく可能性を体感。

「共に何かをする祝祭性のあるもの」は、共に助け合うことにつながるとは、藤井さん。お祭りだから見える人の多様性、社会的な役割の再認識が、地域防災を進める上で重要であると聞き、なるほどと思いました。

3.11の復興も祭りからだし、災害と防災は常に密接した関係があると松田さんは言います。お祭りには、コミュニティの力を再生するパワーがあると。

非日常だからできる。そこで個人を見直す。社会を見直す。そして日常を高めていく。お祭りが持つ機能が、防災アートの可能性に繋がるヒントが産まれました。

後半はアートが持つ可能性について。

窪田さんは、2015年~「Don’t follow the Window」という、福島県の帰還困難区域で開催中の“見に行くことができない展覧会”を開催する中で
何を想像させるのか?を特に意識したそうです。

アートが持つ、想像力を喚起する力は、防災アートの可能性を広げていきます。

藤井さんからは、「戸惑いを受け止めよ」という言葉が出ました。すぐに答えを求めたり、単純化する現代にあって、複雑化や戸惑いがアートの力だと感じるそうです。答えがあると学習は止まる、アートそのものが「考えるきっかけ」として重要な役割を果たすと。

他にも様々な意見がありましたが、書ききれないので、興味のある方は、座談会の模様を動画にアップしておりますのでご覧ください。

参加者からも活発な質問、意見が出ました。

その中では、防災意識を高める想像力、コミュニティ強化の重要性につながる話、被災地では心のケアの問題から難しい防災教育も未被災地だからできることのヒントなど、貴重な意見があり、もっと参加者との交流があっても良いかなと感じる部分でもありました。

始まる前は、「防災アート」「未被災地」という難しいお題に対してどうなるのかと若干心配しておりましたが、終わってみれば、気づきあり、繋がりありと面白い座談会でした。答えが出るものではありませんが、「想像し、創造し、分析し、超えていく」ひとつのきっかけになったと思います。

皆さま、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

 

【レポート】キックオフイベント第1弾「吉田町/レック株式会社」

津波を受け流し1000人が避難できる3階建て倉庫兼避難所

焼津・浜通りのまち歩きの次は、バスに乗って吉田町に移動。目的地は、レック株式会社の倉庫兼津波避難所です。

車中でまちめぐり案内人の松田さんが、大井川の洪水対策として古くから採用されていた「舟形屋敷(三角屋敷)」の話をしてくれました。

洪水が流れてくる方向に向け屋敷全体を舟形にして水路をつくり、氾濫した水の流れを直接受けることなく後方へ流す設計です。また、屋敷のそばに「水塚」という盛り土をし、竹や木を植えて避難所としたそうです。

その考え方が、津波対策としてレックの倉庫設計に使われていると聞いて更に興味が膨らみます。

吉田町川尻のレック(株)第5倉庫に到着です。

レック株式会社は、昭和54年に焼津で創業した家庭用日用品の製造販売を行っている会社で、現在は東京に本社を置く一部上場企業。洗剤を使わず「水だけで」簡単に汚れを落とす使い捨てクリーナー「激落ちくんシリーズ」が有名です。

総務部の割場さんが休日にも関わらず倉庫を案内してくれました。

1階入り口から南に向かう通路を抜け、海側に面した倉庫の形状を見ると…

3階建の大きな建物が、海に向かっている船のような形をしています。津波が来た際には、この形状が「舟形屋敷」のように、水を左右に受け流すということ。

さらに、通路のシャッターを開けることで水の通路を確保し、津波の衝撃を和らげるそうです。その後、「河川津波」という特別番組を見る機会があり、水の流れが生死を左右したことを知り、その重要性を再認識しました。

静岡出身で創業者の現会長青木氏が、東北の震災を見てから「何かをしなければ」「津波から300名の従業員の命を守るために」という思いから、平成24年にこの倉庫兼津波避難所を建設しました。企業理念に「社員が理想とする会社」を掲げ、有言実行している経営者です。

1階から階段で屋上に向かいました。(エレベーターもありますが、実際の避難時を想定して歩くことに)

広い屋上の中央には、レックの文字が。ヘリコプターの目印になっています。

4階屋上の高さは22m。東海地震で想定される津波は8mと言われていますが、想定外のことも予測し、この高さにしたそうです。

海岸線から700m、海抜4Mで、当時は近くに避難できる建物はありませんでした。この倉庫は、周りの住民にも使えるように、近隣の方や組長に合鍵を渡すことで、従業員のいない休みの日でも利用可能。地域住民も含め、1000人以上が一時避難できるように作られています。

4階の備蓄倉庫には、500人が5日程度過ごせる水と食料が備えられています。いつ来るか分からない自然災害の為に、これだけの備蓄を継続していくことは並大抵のことではないと思います。

備えあれば憂いなし。備えの美学がここにありました。

最後にみんなで記念撮影。普段生活している中では触れることのない、様々な防災の姿を見て色んな人と意見を交わす中で、気づきや新たな発想を生む良いツアーでした。

命山という名の津波避難所 ー清水区三保【三保命山(いのちやま)】ー

「命山(いのちやま)」とは

台風や津波で地域が浸水したときに、住民が避難するためにつくられた、人工高台の通称。静岡県袋井(ふくろい)市湊(みなと)地区の遠州灘(えんしゅうなだ)から約1キロメートル内陸には、江戸時代の1680年(延宝8)に起きた津波の被害を教訓としてつくられた二つの人工高台、中新田命山(高さ5メートル)と大野命山(高さ3.7メートル)が残っている。ー「コトバンク」よりー

ハート防災Jです。いきなり命山の説明から入りましたが、みなさん「平成の命山」をご存知ですか?袋井市が、先人の教えに習って、南海トラフの最大津波高10mを想定して造った、約1300人が避難できる人工の高台の通称です。

そして、静岡県中部地区初の命山が三保にあると聞き行ってきました。

小高い公園といった様相で、津波避難所というお堅いイメージは感じません。道路からの高さは7mで頂上の避難場所は海抜8.7m。ここの土は、由比の地すべり対策用に進めた排水トンネルで掘り出した土を使用しているとのこと。由比と三保が繋がってます。

高台の両側にスロープがあります。お年寄りや子ども、車いすも大丈夫。

登ってみると、「おっ、広い」。面積は400㎡で、収容人数は800人。天気が良ければ、富士山が綺麗に見えそうです。”富士山の見える丘公園”と言っていいかもしれませんね。

命山は、避難タワーに比べて維持に掛かる費用が少なく耐用年数がないというのが特徴。それでいて、有事以外でも地域で利用できるわけだから、これはいいです。

柵沿いの花に春を感じます。ベンチは座る部分が蓋になっていて、鍵が掛かっていましたが、中には避難時に必要なものが格納されているのでしょう。最近見かける機会の多い、匠の知恵ですね。

健康快動なる足つぼに効く施設もありました。近所にあったら散歩がてら来たいです。

土地は三井・デュポンフロロケミカル(株)が静岡市に提供し、平成28年3月に完成。三井・デュポンさん、さすが。素晴らしい。企業の地域貢献がもっともっと増えるといいのに。同社は命山のすぐ近くにあります。

ここは津波避難所です。看板がありました。その中に

「みんなで助け合い!」という言葉。子どもがおばあちゃんの手を引いています。

実は、命山に辿り着くまで三保に到着してから1時間を要してしまいました。HPで見た住所(三保760)通りに走っても行きつかないんです。近くの店で、写真を見せながら聞いても、「あるのは聞いたことがあるけど、どこにあるかは?」。「たぶんあそこかな」と教えてもらった先は、全く違う場所。静岡市の「危機管理総室 危機管理課 防災施設係」に電話して聞いて、近くまで来ているがわからず、最後に三井デュポンの社員に聞いて、何とか辿り着きました。後から気がついたのですが、グーグルマップを良く見ると、三保命山の文字が。三保命山で検索したら一発で出ました。

行ってみたい方はグーグルマップで。辿り着くまでの道が少し細くて不安になりますが、クルマで行けます。「三保命山」で検索。

収容人数が800人ですから近所の方が知っていればいいんだと思います。でも歩いて10分程度のところにいる人も知らないのはショックでした。こんなにいい施設なのに。

そんなことがあって、避難所の看板のように、子ども達がお年寄りの手を引いてここまで案内してくれればいいな、と思ったのです。

迷ったおかげ?ではないですが、命山に行きつくまでに多くの避難タワーに遭遇しました。

三保760の住所で辿り着いたのがここ。用地は東海溶材(株)が提供。鍵が掛かっていて登れませんでしたが、地震時は自動で開錠されるようです。

遊歩道の先で発見した避難タワー。

三保には全部で6基の避難タワー(命山含む)があります。ふれあい広場というのが気になったので行ってみました。

国鉄(今のJR)清水港線の終着駅「三保駅」の跡地につくった公園で、工場夜景が見える避難タワーとしても有名。当時のディーゼル機関車も見る事ができます。

三保地区の津波避難ビルの案内がありました。

三保地区は車で走っていて感じましたが、高い建物が少ないんです。だからこそ、避難タワーや避難先の情報共有が命を左右すると思われます。海抜1m~2mのところで生活しているわけですから。

そして気になったのが、津波が平日の日中に発生した時、お年寄りは自力で避難所までいけるのだろうか、ということ。土日や夕方以降なら近くに若い人もいるでしょう。でも、若い人たちが仕事や学校に出かけている時間だったら・・・。

ハードも大事だけど、「みんなで助け合い!」の仕組み作りはもっと大事かも。そして、避難所に関する正しい情報、正しいルートを地域住民が知っていることの重要性。

命山のような、自然と一体化した避難所が増えることを祈りつつ、避難所の有効利用を介して、地域住民のつながり、助け合いの文化が育まれるといいな、と感じる取材でした。

 

【レポート】キックオフイベント第1弾「まちめぐり 焼津・浜通り」

”洪水・高潮・津波に向き合う地域の暮らしの工夫を知る”

ハート防災Jです。2月25日に行われたハート防災キックオフイベント「まちめぐり◆焼津~吉田編」に参加してきました。レポート第一弾は焼津の浜通り。昔から高潮などの自然災害と向き合い、生活に工夫を凝らし、時には神に祈る。この地で暮らし続けてきた人々の地域防災の歴史、取り組みを知る良い機会になりました。

焼津公民館に30人近い参加者が集まり、まずは開会の挨拶。

まちめぐり案内人は、松田民俗研究所代表の松田香代子さん。日本民俗学を専門に、「富士山信仰」や「災害と民俗」に関する調査、研究などで活躍され、先人の教えに精通した方です。

13時15分、まち歩きスタート。最初に向かった先は

荷物を運ぶ運河として利用されていた「堀川」は、浜通りに押し寄せる高潮を逃がす放水路の役割も果たしたそうです。その重要性を、まち歩き後半でより知ることになります。

海抜2.8mの表示がありました。海抜は近隣の海水面から計った陸地の高さです。このエリアでは多くの避難タワーを見かけますが、津波対策には欠かせません。大事なのは、自分が住んでいる地域のことを知ること、どこに逃げるべきかを知っていること。それが分かって行動すれば助かることを、神戸で取材した「人と防災未来センター」で学びました。

漁業関係者が厚く信仰している護心寺(北の弁天さん)。松田さんが、地域との関わりをわかりやすく説明してくれます。

各スポットには、NPO法人「浜の会」の説明表示があります。約300年前に、海上安全、災害除難を祈念し木彫りの座像・弁財天が合祀されたそうです。無事を祈る家族の思いは今も昔も変わりません。

海岸近くには多くの波除け地蔵があったそうですが、焼津をこよなく愛した小泉八雲(明治時代の小説家であり日本民俗学者。ギリシャ出身でその後日本に帰化。著書に英語で著した「怪談」は有名)にちなんだ波除け地蔵もあります。詳しくは、焼津市ホームページの八雲地蔵を。

浜通りには昔から、高潮・高波から住民を守るために、地区ごとに3体の波除け地蔵があったそうですが、堤防の改装のたびに移動して今では4体を残すのみ。現在の堤防ができて高波の心配が無くなった今も、波を避けたい住民の信仰先として受け継がれています。

安泰寺墓地の波除け地蔵。

札の辻の波除け地蔵は改装中につきミイラ状態でした。

青峰山勝景院の波除け地蔵。青峰さんと呼ばれ、海難に会った時に「青いなあ、青いなあ」と叫ぶと助かると伝えられているそうです。今の若い漁師さんが叫ぶとは思いませんが、平成の今もお地蔵さんを引き継ぎ、花を添える、どれだけ堤防が高くなって避難タワーができても、変わらないものがあります。

今回のまちめぐりで特に興味深かったのは、先人たちの暮らしの工夫。玄関前を見ると、道路から1~2段高く建てられている家が数多くあります。

堤防を越えた海水の侵入を防ぐ波除け堰。板まで残ってるところは数少ないそうですが、

「海味工房ぬかや斉藤商店」のご主人が実際に板をはめて説明してくれました。新しい堤防ができる前は、台風が来ると大雨と高波でこの辺一帯が水浸しだったそうです。

港沿いを走るオーシャンロードには海抜6mの表示。えっ、歩き始めで見た海抜表示が2.5mだったから・・・。そう、海岸沿いよりも内陸の方が低いんです。だから、高潮・高波で溢れた海水や暴風雨時の雨水は、海から町に流れ込んでくるのです。

浜通りには水を逃がすための小路が何本も通っていて、海側から陸側に傾斜し、その水は冒頭で紹介した堀川へと流れていきます。土地を知り、土地と生きる、先人の知恵と工夫が今もまだ機能し、町を浸水から守っています。

平成7年に新堤防が完成するまで、明治~平成にかけて焼津を守ってきた石造りの防潮堤を再現。当時の写真と一緒に後世へと語り継いでいます。

浜通りからバスで移動し、八雲地蔵を移設した光心寺へ。

お寺の説明の中に、小泉八雲が書いた、泣いてるお地蔵さんの絵がありました。

奥さんのセツさんに反対されて、修復されることなくそのままの形で、光心寺に移ってきた波除け地蔵。もはや、お地蔵さんのカタチとは言えません。それでもこうやって大事に残して祀られているんです。

自然災害から家族を守るため

暮らしの工夫とお地蔵を祀ることは、別の様で同じもの。二つで一つの様なもの。

今回参加した方々は、何か感じるものがあったようです。こうやって歩いて、見て、知ることで、防災アートのヒントが見つかるかもしれません。

しずおかHEART防災プロジェクト キックオフ・イベント開催!

しずおかHEART防災 キックオフ・イベント
まちめぐり&座談会「“未”被災地のための防災アートは可能か?」

しずおかを場とし、「防災」というテーマに対して、アート/文化にできることは何か・・?
しずおかHEART防災プロジェクト1年目のキックオフ・イベントとして、
テレビ出演でもおなじみ静岡大学の小山真人先生はじめ豪華案内人による、しずおかを見て知る「まちめぐり」と、話題のアーティストはじめ多彩な登壇者が防災とアートについて話しあう「座談会」がセットとなったイベントを開催します。
ご参加のみなさんも一緒に、さまざまな「可能性」を探りましょう。
参加は無料。ぜひご参加ください!
※まちめぐりは事前申込が必要です。

イベント詳細や申込方法についてはこちら

 

■第1弾 2018年2月25日(日)  ☆終了しました
まちめぐり ◆ 焼津~吉田篇
“洪水・高潮・津波に向きあう地域の暮らしの工夫を知る”
案内人:松田香代子氏(松田民俗研究所代表)
座談会 ◆ 焼津市役所アトレ庁舎3階 焼津公民館 会議室6
パネリスト:
窪田研二氏(インディペンデント・キュレーター/KENJI KUBOTA ART OFFICE代表)
藤井基貴氏 (静岡大学教育学部准教授/防災総合センター准教授)
松下徹氏 (SIDE COREディレクター/アーティスト)
松田香代子氏(松田民俗研究所代表)
コーディネーター:
平野雅彦氏 (静岡大学教育学部特任教授/人文社会科学部客員教授)

■第2弾 2018年3月3日(土) ☆終了しました
まちめぐり ◆ 函南~三島篇
“地球の営みから生じる 美と畏れを感じる”
案内人:小山真人氏(静岡大学教育学部教授/防災総合センター副センター長)
鈴木雄介氏(伊豆半島ジオパーク推進協議会専任研究員)
座談会 ◆ 会場:三島市民文化会館 第2会議室
パネリスト:
小山真人氏(静岡大学教育学部教授/防災総合センター副センター長)
鈴木雄介氏(伊豆半島ジオパーク推進協議会専任研究員)
住 康平氏(Cliff Edge Project代表/美術家)
松本圭司氏(郷土雑学)
コーディネーター:
平野雅彦氏(静岡大学教育学部特任教授/人文社会科学部客員教授)

座談会パネリストについてはこちら

 

イベント詳細や申込方法についてはこちらをごらんください!

 

 

ウワサの「そなエリア東京」に行ってきました!

こんにちは。HEART防災、Sです。
先日ついに、うわさの「そなエリア東京」に行ってきました!!

「そなエリア東京」は、国の災害応急対策の拠点として整備された「東京臨海広域防災公園」内にある、防災体験学習施設です。

1階には、津波の高さや速さが体感できるコーナーや、防災グッズのショップがあります。

2階は、学習施設。さまざまな啓発展示がめじろおし!
いざというときに生き抜くヒント、防災グッズ、防災ゲーム…etc.

このイラストやデザインはたぶん、最近「防災のデザイン」に欠かせない存在となっている、寄藤文平さんですね。
同じ展示でもデザインや構成の工夫で「見る気にさせる」。
これもHEART防災が考えるべきポイントのひとつです。

アニメ「東京マグニチュード8.0」のアレンジ版も会場内のモニターで見ることができました。機会があれば、これ上映したいなぁ。

上からはオペレーションルームが覗けましたよ。
映画「シン・ゴジラ」のシーンが回想されます!

静岡県庁にも焼津の防災拠点にも、こういう設備がありますが、やはり規模が違いますね。

そして、何と言ってもこの施設のウリである、防災体験「東京直下72h TOUR」!
(以下、ネタバレ注意!)

予約時間に受け付けをし、タブレットを借りて首からぶら下げます。
体験人数に制限があり、時間を区切っての入場となるので、当然係員さんが案内してくれるんだろうと思いきや・・・ほぼ操作の説明のみで、いきなりひとりでエレベーターに乗せられました!
映画館のあるショッピングセンターのエレベーター内で地震に遭う想定です。

ドアが閉まって、ちょっと緊張!!

無事エレベーターのドアが開き、裏ルートを通って、非常口のサインを頼りに、まずは建物から脱出を試みます。
SCのバックヤードっぽい演出もされています。

脱出した先には、被災したまちが再現されていました。
細部までよくできていてリアルです。
昔よく行ったナンジャタウンとかラーメン博物館みたいな。

まちのモニターでは、ニュースが被災状況や余震の危険性を伝え、緊急地震速報のあのチャイム音が断続的に鳴っています。

あ、向こうで火事が・・・

まちの中では、いくつかのポイントに誘導され、そこで出されるクイズに、タブレット上で答えていきます。

ポイントは複数あるのに全部をまわるわけではないので、スタッフさんに聞いてみると、どのポイントでクイズが出るかは端末によって異なるそうです。
一緒に体験する友達とも違うし、次に行ったときにまた違う、という楽しみもありますね。

無事、避難所の中央公園にたどり着きますが、そこではしばしの避難生活が。

そこには様々な課題があります。
私たち未被災地の者は、生き延びることは考えるけれど、その先のことまではなかなか考えられません。
でも、本当に想像力が試されるのはきっと、被災後の暮らしにおいてなのでしょう。

タブレットを返却するときに、クイズの点数がわかります。
ここは防災先進県に暮らすS!当然、満点でしたー!

最後にショップで「東京防災」を1冊購入。これは本当にいい取組みですよね。
がんばろう、静岡の防災!

この公園は、首都圏で大きな災害が起きたときにベースキャンプになるそうで、ヘリポート機能もあります。広場の向かいには病院がありました。
ふだんは都民の憩いの場として開放されています。この日は雪が残っていましたが、キャッチボールなどをしている人たちもいました。

そなエリア東京」。
東京なので「首都直下地震」がテーマではありますが、この国に住む誰もが、いちどは行ったほうがいいトコロだと思います。
熱心に見ていたので研修の視察か何かだと思われたようで、スタッフさんに声をかけられました。全国から問い合わせや予約がいっぱいなので、ご予約はお早めに、とのこと。
少人数で行く場合は、ふらりと行っても、先に体験時間を予約しておけば問題なく入れそうです。
おススメ!!